読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中坊進二が京都の善峰寺に行った感想について

中坊進二が京都の善峰寺に行った時にはとて美しい紫陽花が出迎えてくれました。赤や青、ピンクやまだつぼみの薄緑の紫陽花たちは幻想的で日常の雑念を忘れさせてくれました。
特に見晴らしのよい高台からの眺めは最高でした。眼下に臨む京都の街並みと紫陽花の光景は言葉では言い表せないほどでした。
また、京都の善峰寺は約3万坪の敷地があります。その敷地内を歩き、自然と調和した歴史ある寺を散策することができとても良い体験でした。歩きながら時折目にすることのできる京都の街並みは、見るところにより趣が異なり、様々な発見をすることができました。
また、中坊進二が特に感動した建物は多宝塔です。1621年に作られたといわれる木で作られた塔の力強さに圧倒されました。
その他、樹齢約600年と言われる五葉松の雄大な美にも感銘を受けました。地を這うような幹が離れてみると龍のごとき力強さを感じることができ、中坊進二自身生きるための力を分け与えてもらうことができました。
中坊進二はこの善峰寺に行き、美しい感動と自分の生きる力を得ることができとても良かったと思います。