読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中坊進二と由岐神社、京都の旅

"中坊進二が京都で訪れるお気に入りの場所といえば「由岐神社」です。「由岐神社」は京都市左京区にある神社で、鞍馬寺の鎮守社です。地元の人などには靫明神という名で呼ばれています。京都にある神社の中でもこの神社はパワースポットとして人気があります。大己貴命少彦名命が祀られています。この2人の神様はどちらも古事記に出てくる神様です。ご利益は縁結び、火難除け、安産などです。そして中坊進二がこの神社でぜひ見たかったのがパワースポットとなっているご神木の大杉です。この大杉は樹齢600年といわれており、高さは50mにも及びます。この大杉に近づくと多くの人が口々に言うように強いパワーを感じるような気がしました。中坊進二もそのパワーをもらってまた頑張ろうという気持ちになりました。

由岐神社へのアクセスは叡山電鉄の「鞍馬駅」で下車して徒歩で約5分ほどで行くことができます。東京から車で行く場合は新名神高速道路から高速京都東ICから名神高速道路へ出て約50分ほど走らせれば到着できます。関西から出かける場合は中国自動車道から高速京都南第1ICで名神高速道路から出て約50分で到着可能です。

この神社はかつて有名な豊臣秀吉公も信仰していたといわれる神社で、1610年には拝殿が再建されています。現在その拝殿は国の重要文化財に指定されています。それも中坊進二が興味をもった理由の一つでした。真っ赤な天狗の形をした箱が特徴的な天狗くじも面白いです。"