読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都出身男子の恋愛傾向

"京都出身男子の恋愛傾向として、中坊進二からすると甘い恋愛には不向きです。春は一面に桜が咲き乱れて、夏の新緑は眩しく、秋の紅葉は全国の人間を魅了して、冬の雪景色は絶景です。中坊進二からしてもそんな美しい場所で育った、京の街の男性は、普通の女の子には太刀打ちできないプライドの高さがあります。中坊進二たちの憧れる京都は、日本の自然を堪能できる美しい場所であり、その美しい街と人の中で育った男性も、女性に対しての評価はじつは厳しいものです。

日本の観光名所としても、国内ではダントツのトップエリアです。長い歴史と文化が背景にあるだけに、中坊進二だけではなく感じることは、非常にプライドが高位ということです。そして、どことなくですが他県を、軽く見下しているところも存在ます。同じように京の街に住んでいても、生粋の京都人は先祖代々から住んでいる人だけを京都人と考えています。ほかの件より移住してきた人は、いつまでたっても人たちをよそ者です。

京は内面を綺麗に隠し切るという特技を持っており、建前との完璧な使い分けは日本でもトップクラスの才能です基本的には京の男性は他人を冷淡に見下しており、計算高いですが、それをおくびにも出すことはなく、表面上は物腰が柔らかく丁寧な言葉で、上手に優雅な見せかけ作りに長けています。

男性は見栄っ張りでプライドが高く、こだわりがありますし敏感でもあります。クールな現実主義であり、それは恋愛傾向にも色鮮やかに表れます。京の男性はベタベタ下恋愛を好むことはなく、他人に干渉することも無理ですし、干渉されることも嫌います。恋愛に関しては相手を思うのではなく、損得勘定で頭を使った恋愛をします。駆け引きを好む傾向にあり、自分にとってメリットのある女性ではないと相手にはしません。計算高い頭脳を持たない女性は却下であり、対等な関係を持てるような女性でなければ、京の男性の相手は務まりません。薄化粧で品があり、知的で強さのある美しい女性を好みます。

"