読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都出身男子のこだわり

"中坊進二から見ても一般的に京都男子は、良い意味でもプライドが高くて見栄っ張りです。うまい言い方で、いけずという言葉がありますが、少しだけ意地悪な一面も持ち合わせています。中坊進二の知る限りでも、自分の本心を晒さない男性が多いこともあり、本当の気持ちをつかみにくいのは否めません。

表面上は優しいものの、本本当は嫌われていることは、実によくあるパターンです。中坊進二も同感ではありますが、京都男子というものは、とにかく駆け引きが上手な生き物です。中坊進二の知る限りでも駆け引きが上手くて、プライドの高い京男子は難しいように感じますが、上手く取り扱えば手の上で転がるタイプにもなります。

京男子に嫌われる女性というのは行動に問題があって、女性らしさにこだわりを持つ彼らにしたら、女性のNGポイントがあるわけです。なんといっても、言葉遣いが汚い女性は、年齢が若い女性であってもアウトです。男性が好む女性の方言としてもトップに上がる京都弁は、とても美しく品があります。その美しい言葉の中で成長を遂げた男性陣ですので、汚い言葉遣いの女性に対しては見方は厳しく、教養に欠けていると判断して嫌われます。

大人のマナーではありますが、お礼を言わないのはありえないことです。京の街では何かを相手にしてもらったら、お返しを必ずするのが県民性としてもあります。何かを頂いたら、そのままにはしないために、お礼の言葉さえ出てこない女性は、即効で嫌われていきます。

女性に関してはお化粧にも違和感を覚えやすく、ケバいお化粧は嫌われます。堅実で和風の土地柄もあり、派手なお化粧自体が景観にはマッチしません。はんなりとしていて上品な女性の中で育った京男子ですので、派手なお化粧は好むではないわけです。

日本料理の文化が発達した京料理を味わう場所において、京の男性は礼儀作法もキチンとしています。そのため、食事の食べ方が汚いとか、箸の使い方がおかしいなど、食べ方が汚いのは嫌われます。

"