読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都出身男子と付き合うための心得

"中坊進二が思う、京都出身男子と付き合うための心得というのは、相手のプライドを損なわないということだと思います。首都は東京にあるけれど、本当の意味での都は「京」にあると考えている人も多く、歴史や文化などの面で秀でているという意識がありますので、こうした面を尊重してあげることが大切でしょう。また、作法や伝統行事を大切に思っている方も多いので、こうした部分を一緒に学んでいこうという心構えが必要だと、中坊進二は思います。
男性は気配り上手な方が多く、京風の言葉づかいも柔らかく聞こえますので、優しい印象を与える方が多いようです。一緒にお店に行ってもマナーや食材の知識も豊富ですから、楽しく過ごせるのではないでしょうか。これまで体験してきたお祭りや伝統行事などについて、話を聞いてあげると喜ばれると思います。中坊進二が特徴的だと思うのは、男性の和菓子とパンに対する思い入れです。東京にも美味しい和菓子屋さんはたくさんありますが、やはり地元が一番という思いが強いので、おすすめの店に連れて行ってもらってみてはいかがでしょう。
ところで、京都出身男子と付き合っていくために、避けて通れないのがご家族とのお付き合いです。この先、結婚することになったら、長いお付き合いが続きますので、うまくやっていけそうかどうか、機会をとらえて判断する必要があるでしょう。ご実家にお邪魔することになったら、京都に共通する礼儀について、インターネットや本で調べておくことをおすすめします。特に、初めての訪問では、お茶やお菓子のほか、食事までいろいろ勧められるかもしれません。京都の方はもてなし上手ですので、笑顔で勧めてくれますが、初対面であまり遠慮なく振る舞うのはおすすめできません。心得としては、ちょっと遠慮気味にしておくのがちょうどよい具合だと、中坊進二は思います。というのも、京都の方は言葉から察してほしいと考えている部分があるようで、その気持ちを汲み取らずに、言葉をそのまま受け取ってしまうと、ガッカリされてしまうことがあるからです。"