読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都出身女子の性格って?

"京都出身女子の性格に幻想を抱く男性は多いですが、中坊進二から言わせれば京女性は、かなり手ごわいと心得るべきです。中坊進二から見ても京女性は本心を上手に隠すのが上手ですが、言葉をそのまま鵜呑みにしやすい単純な男性には、まずその本音と建前は見抜くことはできないでしょう。

中坊進二たち女性からしても京女性の腹黒さは理解できない部分がありますが、鈍感な男性には、その腹黒い部分を見通す力量がありません。厳しいようですが中坊進二たち女子からしても、スペックの低い男性は、京女性には相手にされないどころか、本心では小馬鹿にされるのが関の山です。それくらい彼女たちはプライドが高く、裏表が激しいわけです。

京都の女性の言葉は独特のものがあり、物腰の柔らかい言葉に、男性はイチコロのところがあります。笑顔を絶やさず男性を常に立ててくれるところなどは、現代の男女平等の世の中にあっては、大切にされる機会が激減した男子にとっては、涙が出るくらいの快感でしょう。しかしそれは全て建前であって、京女性に本当の女性としての優しさや癒しを求めるのは不可能なことです。

京女性は基本的に、自分よりもレベルの低い男性を相手にはしてくれません。頭がいいだけに男性を転がすことには長けていて、言葉巧みに魅了することは簡単です。しかし、本音と建前は全く異なりますので、笑顔でありえないほどひどい考えを持つことは日常茶飯事です。

現代の厳しい世の中を生き抜くには、京都の女性のように、本音と建前の使い分けができる女性の性格は合っているものです。柔らかい雰囲気と内面は全くの別物であり、芯があって言葉も巧みに操れるために、世渡り上手でもあります。とにかくメンタルは半端なく強いですし、裏表の激しい腹黒さは、厳しい世の中を悠々と歩くことのできる最大の武器にもなっています。上品な行動が出来て食べ方も綺麗であり、男性を上手に立てるという建前はパーフェクトですから、男性は見抜くことはできません。"