読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都出身女子と相性の良いタイプ

"中坊進二から見ても京女性というのは、基本的に富士山よりもプライドは高いです。京都出身女子と相性の良いタイプとして中坊進二の意見を言うならば、ハイスペックな男性です。プライドが非常に高い京女性からしたら、中坊進二からしても、本人よりもスペックが低い人間は異性として有り得ません。中坊進二たちのような京女性より、頭脳明晰で仕事もできる男の人こそ、尽くしたいといった気持ちが掻き立てられることになります。

京都の女性が良い恋愛をする相手としては、仕事ができて高学歴、そして女性に優しくてイケメンであることが条件となります。京女性は全てにおいて優れているために、本人よりも優れている素質がある男性とでないと、お付き合いは上手くはいきません。尊敬しあえる人こそ、京女性にとっても価値のある男性をみなされるわけです。

基本的に勘の良い男性は、京女性ともうまくいきやすいでしょう。基本的に京女性は、本音と建前が全く異なりますので、腹黒いのは周知の上です。建前を間に受けるような鈍感な男性は、まず相手にもされませんし、相性は最悪です。男性は相手の言葉を深読みできる人で、勘の良い人が京女性には向いています。また、あこがれの京女性に思いを馳せても、鈍い男性は小馬鹿にされるだけですので、察する力を持つ聡明な男性ではないと相手にはされません。

基本的に腹黒い女性が多い県民性がありますから、乙女チックな恋愛を夢見る男性では太刀打ちはできません。ラブラブな関係は儚い夢という現実を理解しており、ドライな大人の関係を築けるひととならば、上手く恋愛もできるでしょう。京都の女性は見るからにおっとりとしていて、古布な感じで男性の心を鷲掴みにはしますが、とにかく本音は黒いことと、それを建前でカバーすることを知っておくべきでしょう。京女性に相手にされたかったら、男性としての価値を大幅にレベルアップさせる必要があります。男性で子供じみたところがあると、簡単に京女性には切り捨てられますので注意です。"