読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都出身女子と付き合うための心得

"中坊進二が京都出身の女性に対して抱くイメージとしては、おしとやかでおっとりしているというイメージがあります。
それだけではなく、よく気が利く大和撫子といった風に、日本女性の代表とも言えるようなイメージを抱いているものです。
実際に京都の女性たちは、中坊進二達男性からモテる要素を持っている人が多いですので、中坊進二は出来れば京都の女性を付き合うようにしたいものです。
しかしいくら付き合うことが出来たとしても、そこから上手く交際を続けていかなくてはなりませんので、どうすれば上手く京都出身の女性と付き合っていけばいいのかという心得をしっかりと身に付けておかなくてはなりません。
まず気をつけておきたい事としては、本音と建前の世界があるという事です。
ゆっくりしていってほしいと中坊進二に声をかけてくれたとしても、本音では早く帰ってほしいと思われていることもあるという点です。
京都の女性は、自分の本音は胸のうちに秘めておくようにして、実際に言葉に発するような事をしない傾向にあります。
本音を言わないという事は、心の中ではなんと思われているのかわからないという事になるのです。
ここで空気を読んで、相手の気持ちを考えてみるようにしなければ、建前で言ってくれた事を素直に鵜呑みしてしまう事になります。
それでは、空気が読めない人だと思われてしまう事になり、嫌われてしまう事になるでしょう。
必要な事は、言われなくても相手の気持ちをくみ取ってあげるようにして、空気を読むことです。
これをすることが出来なければ、上手く付き合っていくことが出来ませんので、しっかりと空気を読むようにして、どう行動していくべきなのかを考えなくてはなりません。
そうすることで、大人の付き合いをしていくことが出来ますので、スムーズに交際をしていくことが出来るでしょう。
男性を虜にする魅力を備えている女性たちですので、中坊進二達男性側も好意を持ってもらえるように大人の行動が出来るようにならなくてはなりません。"