読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都出身女子と付き合うための心得

"中坊進二が京都出身の女性に対して抱くイメージとしては、おしとやかでおっとりしているというイメージがあります。
それだけではなく、よく気が利く大和撫子といった風に、日本女性の代表とも言えるようなイメージを抱いているものです。
実際に京都の女性たちは、中坊進二達男性からモテる要素を持っている人が多いですので、中坊進二は出来れば京都の女性を付き合うようにしたいものです。
しかしいくら付き合うことが出来たとしても、そこから上手く交際を続けていかなくてはなりませんので、どうすれば上手く京都出身の女性と付き合っていけばいいのかという心得をしっかりと身に付けておかなくてはなりません。
まず気をつけておきたい事としては、本音と建前の世界があるという事です。
ゆっくりしていってほしいと中坊進二に声をかけてくれたとしても、本音では早く帰ってほしいと思われていることもあるという点です。
京都の女性は、自分の本音は胸のうちに秘めておくようにして、実際に言葉に発するような事をしない傾向にあります。
本音を言わないという事は、心の中ではなんと思われているのかわからないという事になるのです。
ここで空気を読んで、相手の気持ちを考えてみるようにしなければ、建前で言ってくれた事を素直に鵜呑みしてしまう事になります。
それでは、空気が読めない人だと思われてしまう事になり、嫌われてしまう事になるでしょう。
必要な事は、言われなくても相手の気持ちをくみ取ってあげるようにして、空気を読むことです。
これをすることが出来なければ、上手く付き合っていくことが出来ませんので、しっかりと空気を読むようにして、どう行動していくべきなのかを考えなくてはなりません。
そうすることで、大人の付き合いをしていくことが出来ますので、スムーズに交際をしていくことが出来るでしょう。
男性を虜にする魅力を備えている女性たちですので、中坊進二達男性側も好意を持ってもらえるように大人の行動が出来るようにならなくてはなりません。"

京都出身女子と相性の良いタイプ

"中坊進二から見ても京女性というのは、基本的に富士山よりもプライドは高いです。京都出身女子と相性の良いタイプとして中坊進二の意見を言うならば、ハイスペックな男性です。プライドが非常に高い京女性からしたら、中坊進二からしても、本人よりもスペックが低い人間は異性として有り得ません。中坊進二たちのような京女性より、頭脳明晰で仕事もできる男の人こそ、尽くしたいといった気持ちが掻き立てられることになります。

京都の女性が良い恋愛をする相手としては、仕事ができて高学歴、そして女性に優しくてイケメンであることが条件となります。京女性は全てにおいて優れているために、本人よりも優れている素質がある男性とでないと、お付き合いは上手くはいきません。尊敬しあえる人こそ、京女性にとっても価値のある男性をみなされるわけです。

基本的に勘の良い男性は、京女性ともうまくいきやすいでしょう。基本的に京女性は、本音と建前が全く異なりますので、腹黒いのは周知の上です。建前を間に受けるような鈍感な男性は、まず相手にもされませんし、相性は最悪です。男性は相手の言葉を深読みできる人で、勘の良い人が京女性には向いています。また、あこがれの京女性に思いを馳せても、鈍い男性は小馬鹿にされるだけですので、察する力を持つ聡明な男性ではないと相手にはされません。

基本的に腹黒い女性が多い県民性がありますから、乙女チックな恋愛を夢見る男性では太刀打ちはできません。ラブラブな関係は儚い夢という現実を理解しており、ドライな大人の関係を築けるひととならば、上手く恋愛もできるでしょう。京都の女性は見るからにおっとりとしていて、古布な感じで男性の心を鷲掴みにはしますが、とにかく本音は黒いことと、それを建前でカバーすることを知っておくべきでしょう。京女性に相手にされたかったら、男性としての価値を大幅にレベルアップさせる必要があります。男性で子供じみたところがあると、簡単に京女性には切り捨てられますので注意です。"

京都出身女子のこだわり

"京都出身女子のこだわりとして中坊進二は、県民性というワードもあるように、その場所の出身地ならではの考え方と行動が存在すると変えます。中坊進二自身も感じるのはやはり、はんなりした京都弁が特徴ですし、ほかの女の子の言葉を聞いていてもかわいらしいと感じます。中坊進二だけではなく、男性ウケも良いようで、いくつもの方言がある日本においても、1番かわいいと言われることもあります。中坊進二もですが、独特のゆったりとしたある京都弁は、方言の中でも人気が高いようです。

自然に身についていることですが、上手に男性を立てる習慣がついているのもひとつです。さりげなく男性を褒めることができるために、男性からは一緒にいて気分が良いというのは、京の女性ではよくあることです。男性を持ち上げることに関してはかなり上手であり、男性を立てる習慣はあっぱれなものです。

基本的におっとりした雰囲気ですから、一緒にいてくつろげるのも一つです。世知がない世の中なので、のんびりした感じの女の子が多くて一緒にいてホッとするという男性は多いです。京都出身の女子の持つ空気感というのは、癒しを与えることもしばしばです。女性らしい笑顔を絶やさず、会話もゆっくり話すのがポイントです。

京料理は普通に得意ですから、おいしい和食の手料理を食べられるのもポイントは高いでしょう。土地柄歴史のある場所で育ったこともあり、和食を上手に作れることは魅力になります。自然に神社仏閣などの、日本的なことに詳しいという、知識が身についているので、古風な感じは受けも良いものです。お寺や神社の多い町で生まれ育ったため、知識を培われます。

方言の影響もありますが、否定的なことであっても、話し方はオブラートに包んだ言い方をするのも利点です。京都出身の女性は、こうした巧みな話術を持ちますので、男性も関心をする人は多いです。また意志が強くて、良い母親になる素質も備え持っています。ソフトな外見ですが意外と肝が据わっているために、子育て向きで良いお嫁さんになるイメージは強いものです。柔らかい雰囲気の外見に反して、実は芯のある女子ですから、お嫁さん候補にもなるでしょう。


"

京都出身女子のこだわり

"京都出身女子のこだわりとして中坊進二は、県民性というワードもあるように、その場所の出身地ならではの考え方と行動が存在すると変えます。中坊進二自身も感じるのはやはり、はんなりした京都弁が特徴ですし、ほかの女の子の言葉を聞いていてもかわいらしいと感じます。中坊進二だけではなく、男性ウケも良いようで、いくつもの方言がある日本においても、1番かわいいと言われることもあります。中坊進二もですが、独特のゆったりとしたある京都弁は、方言の中でも人気が高いようです。

自然に身についていることですが、上手に男性を立てる習慣がついているのもひとつです。さりげなく男性を褒めることができるために、男性からは一緒にいて気分が良いというのは、京の女性ではよくあることです。男性を持ち上げることに関してはかなり上手であり、男性を立てる習慣はあっぱれなものです。

基本的におっとりした雰囲気ですから、一緒にいてくつろげるのも一つです。世知がない世の中なので、のんびりした感じの女の子が多くて一緒にいてホッとするという男性は多いです。京都出身の女子の持つ空気感というのは、癒しを与えることもしばしばです。女性らしい笑顔を絶やさず、会話もゆっくり話すのがポイントです。

京料理は普通に得意ですから、おいしい和食の手料理を食べられるのもポイントは高いでしょう。土地柄歴史のある場所で育ったこともあり、和食を上手に作れることは魅力になります。自然に神社仏閣などの、日本的なことに詳しいという、知識が身についているので、古風な感じは受けも良いものです。お寺や神社の多い町で生まれ育ったため、知識を培われます。

方言の影響もありますが、否定的なことであっても、話し方はオブラートに包んだ言い方をするのも利点です。京都出身の女性は、こうした巧みな話術を持ちますので、男性も関心をする人は多いです。また意志が強くて、良い母親になる素質も備え持っています。ソフトな外見ですが意外と肝が据わっているために、子育て向きで良いお嫁さんになるイメージは強いものです。柔らかい雰囲気の外見に反して、実は芯のある女子ですから、お嫁さん候補にもなるでしょう。


"

京都出身女子の恋愛傾向

"京都出身女子の恋愛傾向として、中坊進二の知る限りにおいても、京女性はレベルの高い女性ではないと簡単にはなびきません。中坊進二達女性は基本的に容姿端麗で心も優しい男性が好きですが、京女性は本人たちのレベルが高いだけに、男性にはそういった要素を普通に求めます。中坊進二たちでも京女性の身のこなしや気配りには関心をするところですから、鈍い男性にとっては女神レベルで、京女性の気が利く美しさは、ハートに突き刺さってしまうでしょう。

京女性は鬼のように気が利きますから、男性がタバコを取り出せば、すかさず灰皿を用意しますし、脱いだジャケットがあれば、ハンガーにすぐにかけます。お酒の席でも進んでお酒を注ぎますし、まさに気配りの鬼といったところでしょう。商売に関わることが多かった京都の人間ならではの、気が利く特技は、京女性にとっての特技であり、おもてなしは得意です。男性からしたら、家庭的で品があるので理想のお嫁さんとして幻想を抱かれがちです。

しかし今日女性の基本性格は決して甘さは欠片もなく、現実的で鋭く裏表があります。恋愛はリアルでクール、男性に価値のなさを見抜くと、見向きもしませんので、かなりドライな恋愛になります。京男性殿に通った部分がありますが、京女性も損得勘定なしの恋愛はありえません。いかに自分にメリットがあり、相手の男性のレベルが高いかどうか、駆け引きなども好きですし得意です。普通レベルの男性は馬鹿にするだけで、笑顔を取り繕いますが相手にはしません。

中坊進二から見てもすごいのは、京女性の男性の行動をすぐに先読みして尽くすという特技です。京女性はとにかく頭脳が優れていますから、男性が喜ぶコツを心得ています。気持ちを面白いくらい汲み取る言動を自然にやってのけますので、男性は簡単に京女性のとりこになります。京都の女性の特徴にもなっていることで、美徳感覚ともなっているのが、本音と建前の文化であり、普通の男性ではまずその腹黒さには気が付くことができません。 "

京都出身女子の性格って?

"京都出身女子の性格に幻想を抱く男性は多いですが、中坊進二から言わせれば京女性は、かなり手ごわいと心得るべきです。中坊進二から見ても京女性は本心を上手に隠すのが上手ですが、言葉をそのまま鵜呑みにしやすい単純な男性には、まずその本音と建前は見抜くことはできないでしょう。

中坊進二たち女性からしても京女性の腹黒さは理解できない部分がありますが、鈍感な男性には、その腹黒い部分を見通す力量がありません。厳しいようですが中坊進二たち女子からしても、スペックの低い男性は、京女性には相手にされないどころか、本心では小馬鹿にされるのが関の山です。それくらい彼女たちはプライドが高く、裏表が激しいわけです。

京都の女性の言葉は独特のものがあり、物腰の柔らかい言葉に、男性はイチコロのところがあります。笑顔を絶やさず男性を常に立ててくれるところなどは、現代の男女平等の世の中にあっては、大切にされる機会が激減した男子にとっては、涙が出るくらいの快感でしょう。しかしそれは全て建前であって、京女性に本当の女性としての優しさや癒しを求めるのは不可能なことです。

京女性は基本的に、自分よりもレベルの低い男性を相手にはしてくれません。頭がいいだけに男性を転がすことには長けていて、言葉巧みに魅了することは簡単です。しかし、本音と建前は全く異なりますので、笑顔でありえないほどひどい考えを持つことは日常茶飯事です。

現代の厳しい世の中を生き抜くには、京都の女性のように、本音と建前の使い分けができる女性の性格は合っているものです。柔らかい雰囲気と内面は全くの別物であり、芯があって言葉も巧みに操れるために、世渡り上手でもあります。とにかくメンタルは半端なく強いですし、裏表の激しい腹黒さは、厳しい世の中を悠々と歩くことのできる最大の武器にもなっています。上品な行動が出来て食べ方も綺麗であり、男性を上手に立てるという建前はパーフェクトですから、男性は見抜くことはできません。"

京都出身男子と付き合うための心得

"中坊進二が思う、京都出身男子と付き合うための心得というのは、相手のプライドを損なわないということだと思います。首都は東京にあるけれど、本当の意味での都は「京」にあると考えている人も多く、歴史や文化などの面で秀でているという意識がありますので、こうした面を尊重してあげることが大切でしょう。また、作法や伝統行事を大切に思っている方も多いので、こうした部分を一緒に学んでいこうという心構えが必要だと、中坊進二は思います。
男性は気配り上手な方が多く、京風の言葉づかいも柔らかく聞こえますので、優しい印象を与える方が多いようです。一緒にお店に行ってもマナーや食材の知識も豊富ですから、楽しく過ごせるのではないでしょうか。これまで体験してきたお祭りや伝統行事などについて、話を聞いてあげると喜ばれると思います。中坊進二が特徴的だと思うのは、男性の和菓子とパンに対する思い入れです。東京にも美味しい和菓子屋さんはたくさんありますが、やはり地元が一番という思いが強いので、おすすめの店に連れて行ってもらってみてはいかがでしょう。
ところで、京都出身男子と付き合っていくために、避けて通れないのがご家族とのお付き合いです。この先、結婚することになったら、長いお付き合いが続きますので、うまくやっていけそうかどうか、機会をとらえて判断する必要があるでしょう。ご実家にお邪魔することになったら、京都に共通する礼儀について、インターネットや本で調べておくことをおすすめします。特に、初めての訪問では、お茶やお菓子のほか、食事までいろいろ勧められるかもしれません。京都の方はもてなし上手ですので、笑顔で勧めてくれますが、初対面であまり遠慮なく振る舞うのはおすすめできません。心得としては、ちょっと遠慮気味にしておくのがちょうどよい具合だと、中坊進二は思います。というのも、京都の方は言葉から察してほしいと考えている部分があるようで、その気持ちを汲み取らずに、言葉をそのまま受け取ってしまうと、ガッカリされてしまうことがあるからです。"

京都出身男子と相性の良いタイプ

"プライドが高くて損得勘定を常にしている、少し意地悪な京都出身男子と相性の良いタイプとして、女性のレベルはかなり高くなります。中坊進二から京の男性を観察しても、表面上は感じが良くて、声を荒げることもなく感じは良いものの、内面にはかなりの計算高さを感じさせます。中坊進二たちは表面上を見て人を判断しますが、京男性を選ぶときには、それでは確実に失敗をします。中坊進二たち女性は優しい言葉をかけられると心がなびきそうになることもありますが、京男性はそういうテクニックはお手の物ですから、上辺に騙されてはいけません。中坊進二たちが見抜けるかは疑問ですが、京都の人間は基本的に腹黒く、裏表がはっきりとしています。

京都の男性とうまくやっていけるのは、女性としてのレベルが高いことが条件になります。見た目の清楚な事と上品さ、男性への心配りや言葉使いは、ほぼ完璧を求められます。彼らが育った環境が古い歴史のある街でもあったために、レベルの高い女性を目にして成長しているので、それらは出来て当たり前なわけです。姿勢が悪いのと、言葉使いが悪い女性は、京男性にとっては完全にアウトです。

見た目にも品があって美しく、心配りができて自立をしている女性であれば、京男性との相性は悪くはないでしょう。今日男性はプライベートをとても大切にしており、そこに常に女性に入り込まれたくはありません。束縛をしない女性は絶対条件であり、いつもラブラブな恋愛をした日女性には不向きな相手です。

恋愛に関しえも駆け引きが好きな京男性ですので、ガツガツしている女性はお断りです。女性からしたらじれったいかもしれませんが、素敵な京男性がいても、時間がかかることを忘れてはいけません。プライドが高くて計算高い京男子ですので、女性にはかなり高い知性も求められます。若いだけ、可愛いだけでは、いっときのお遊びでしか相手にはされません。教養と品のある女性で男性をたてることができる人でなければ、難しいでしょう。"

京都出身男子のこだわり

"中坊進二から見ても一般的に京都男子は、良い意味でもプライドが高くて見栄っ張りです。うまい言い方で、いけずという言葉がありますが、少しだけ意地悪な一面も持ち合わせています。中坊進二の知る限りでも、自分の本心を晒さない男性が多いこともあり、本当の気持ちをつかみにくいのは否めません。

表面上は優しいものの、本本当は嫌われていることは、実によくあるパターンです。中坊進二も同感ではありますが、京都男子というものは、とにかく駆け引きが上手な生き物です。中坊進二の知る限りでも駆け引きが上手くて、プライドの高い京男子は難しいように感じますが、上手く取り扱えば手の上で転がるタイプにもなります。

京男子に嫌われる女性というのは行動に問題があって、女性らしさにこだわりを持つ彼らにしたら、女性のNGポイントがあるわけです。なんといっても、言葉遣いが汚い女性は、年齢が若い女性であってもアウトです。男性が好む女性の方言としてもトップに上がる京都弁は、とても美しく品があります。その美しい言葉の中で成長を遂げた男性陣ですので、汚い言葉遣いの女性に対しては見方は厳しく、教養に欠けていると判断して嫌われます。

大人のマナーではありますが、お礼を言わないのはありえないことです。京の街では何かを相手にしてもらったら、お返しを必ずするのが県民性としてもあります。何かを頂いたら、そのままにはしないために、お礼の言葉さえ出てこない女性は、即効で嫌われていきます。

女性に関してはお化粧にも違和感を覚えやすく、ケバいお化粧は嫌われます。堅実で和風の土地柄もあり、派手なお化粧自体が景観にはマッチしません。はんなりとしていて上品な女性の中で育った京男子ですので、派手なお化粧は好むではないわけです。

日本料理の文化が発達した京料理を味わう場所において、京の男性は礼儀作法もキチンとしています。そのため、食事の食べ方が汚いとか、箸の使い方がおかしいなど、食べ方が汚いのは嫌われます。

"

京都出身男子の恋愛傾向

"京都出身男子の恋愛傾向として、中坊進二からすると甘い恋愛には不向きです。春は一面に桜が咲き乱れて、夏の新緑は眩しく、秋の紅葉は全国の人間を魅了して、冬の雪景色は絶景です。中坊進二からしてもそんな美しい場所で育った、京の街の男性は、普通の女の子には太刀打ちできないプライドの高さがあります。中坊進二たちの憧れる京都は、日本の自然を堪能できる美しい場所であり、その美しい街と人の中で育った男性も、女性に対しての評価はじつは厳しいものです。

日本の観光名所としても、国内ではダントツのトップエリアです。長い歴史と文化が背景にあるだけに、中坊進二だけではなく感じることは、非常にプライドが高位ということです。そして、どことなくですが他県を、軽く見下しているところも存在ます。同じように京の街に住んでいても、生粋の京都人は先祖代々から住んでいる人だけを京都人と考えています。ほかの件より移住してきた人は、いつまでたっても人たちをよそ者です。

京は内面を綺麗に隠し切るという特技を持っており、建前との完璧な使い分けは日本でもトップクラスの才能です基本的には京の男性は他人を冷淡に見下しており、計算高いですが、それをおくびにも出すことはなく、表面上は物腰が柔らかく丁寧な言葉で、上手に優雅な見せかけ作りに長けています。

男性は見栄っ張りでプライドが高く、こだわりがありますし敏感でもあります。クールな現実主義であり、それは恋愛傾向にも色鮮やかに表れます。京の男性はベタベタ下恋愛を好むことはなく、他人に干渉することも無理ですし、干渉されることも嫌います。恋愛に関しては相手を思うのではなく、損得勘定で頭を使った恋愛をします。駆け引きを好む傾向にあり、自分にとってメリットのある女性ではないと相手にはしません。計算高い頭脳を持たない女性は却下であり、対等な関係を持てるような女性でなければ、京の男性の相手は務まりません。薄化粧で品があり、知的で強さのある美しい女性を好みます。

"

京都出身男子の性格って?

"京都出身の男性の性格というと、どのような傾向があるのでしょう。一般的に、男性は、プライドが高い方が多い傾向にあるとされており、京の都に対する自信もあります。また、本音を上手に隠して、人あたりよく振る舞うことができるので、職場などでも好印象の方が多いようです。その一方で、本音は分かりにくい面もあります。ニコニコとして話をしていても、本当のところ、本心では別なことを考えていることもあります。歴史的に、京都では、近所の方とうまく付き合っていくための知恵として、本音と建前の使い分けが上手に行われていたとされています。そのため、こうした思いを汲んでお互いにお付き合いをする文化が続いているようです。その一方で、他の地域の人にとってみると、本音と建て前の儀式のようなやり取りを理解することは難しく、言われた通りに振る舞うと、失礼に思われてしまうことがありますので、注意が必要です。
中坊進二は時々、こうした意識の違いに遭遇することがあり、その度に、どのように振る舞えばよいのか考えました。何度か経験するうちにわかってきたのが、一度は相手に譲ったり、遠慮したりするのではないかということです。また、男性が何かを食べたいと考えたときにも、まずは相手に勧めてから、自分も食べるというふうな形式的な行動があるように感じられます。そのため、中坊進二も京都の男性には、一度遠慮したり、譲ったり、自分が欲しいものは一度相手に勧めるようにしています。
また、中坊進二が感じるのは、着倒れの街といわれる京都出身の方は、男性もお洒落に関心やこだわりが高く、洋服をたくさん持っている方が多いことです。また、古風なイメージを持ちがちですが、意外に新しもの好きで、朝食はパンを食べるという方が多いようです。京都市はパンの消費量が全国1位とされていて、パン屋さんの数も多いようです。そのせいか、中坊進二には、好きなパンに対するこだわりが強い男性が多いように感じられます。"

洛北・詩仙堂・曼殊院・修学院離宮周辺コース

"京都には様々なみどころがあります。いくつかの寺院をまとめて、エリアごとにみどころコースとして紹介していることが多くあります。
たとえば、洛北・詩仙堂曼殊院修学院離宮周辺コースです。詩仙堂曼殊院修学院離宮といった訪ねてみたいようなところをまとめて、一度に見て回れるように紹介しています。したがって、この3つを訪ねると、このあたりの知っておいてよい場所を訪ねたことになり、有意義な京都旅行となります。
詩仙堂は、名前があらわすように、文人石川丈山が造営をし、ここに棲みました。 茅葺きの書院に、詩仙の間という部屋ががあり、狩野探幽作の中国36詩仙の肖像画があります。名前の由来を理解しながら、中坊進二達は、丸く美しく刈り込まれたツツジの庭を観賞します。この枯山水庭園には、ツツジの他にも、季節の美しい花が咲いています。丈山が考案したともいわれているししおどしは、独特の響きを耳に残します。
紅葉の季節は、この庭の紅葉が美しく、満足出来ますが、どの季節に訪ねても、中坊進二達を落ち着いて迎えてくれる雰囲気があります。
詩仙堂から北東に向かうと、曼殊院があります。畑や上り下りのある道をゆっくりと歩きます。京都の繁華街にはない雰囲気の漂う辺りです。歴史のある道を、一歩一歩、中坊進二達は歩いて、次の寺院へと向かいます。のんびりとした雰囲気でもあるため、日頃、忙しく働く中坊進二達の気分転換にぴったりの場所です。
曼殊院は、門前の紅葉が有名です。秋に訪ねると満足出来ます。また、春、桜の季節も、周囲を囲む山と満開の桜とがうまく溶け合い、良い風景に浸ることが出来ます。
さらに、修学院離宮に進みます。事前にインターネットや往復はがきで、拝観申し込みをしておくことが必要ですが、歴史やみどころを理解することが出来るため、訪ねたいところです。京都を訪ねたら、洛北・詩仙堂曼殊院修学院離宮周辺コースで、喧噪を離れて、心のリフレッシュが出来ます。"

金閣寺・北野周辺散策コース

"京都といえば、まず絢爛豪華な出で立ちのお寺・金閣寺を思い起こす方は多いのではないでしょうか。かくいう中坊進二も、京都散策に凝り始める前まではそういうイメージでした。金閣寺北野天満宮を含む重要かつ貴重な文化財や雅な風景を楽しむことができる、金閣寺・北野周辺散策コースは京都市内・北区エリアにあります。今回は中坊進二おすすめの金閣寺・北野周辺散策コースをご紹介します。
中坊進二がよく巡るコースとしては、京福電鉄北野線北野白梅町駅を起点とするルートです。龍安寺仁和寺北野天満宮などを回るルートなので、めぼしいスポットは一通り巡ることができます。市街地からのアクセスとしては阪急京都線・大宮駅から京福四条大宮駅に乗り換え、北野線の終着駅まで向かいます。
北野白梅町駅から東に向かうとすぐ見えてくるのが、今出川通りに面した北野天満宮。梅と紅葉の名所としても知られ、学問の神様・菅原道真公を祀った神社で、「天神さん」の愛称で親しまれています。受験を控えた学生さんはもちろん、福岡県・太宰府天満宮とともに天神信仰の中心地であるため、多くの参拝者が訪れるスポットです。
北側には、794年の平安遷都とともにこの地に創建された平野神社があります。樹齢400年の樟木は見事の一言です。そして更に北側に歩くこと15分、金閣寺が見えてきます。正式名称は「鹿苑寺」であり、お釈迦さまの遺骨を祀っているとされる舎利殿であり、その金箔があまりにも有名な禅寺です。北山文化の結晶とも言える絢爛な姿はもちろん、美しい庭園とのコントラストもぜひお楽しみください。
金閣寺から南西方面へ15分ほど、東山文化を代表する庭園などでお馴染みの龍安寺が見えてきます。石庭や苔の庭をじっくり眺めて京都の文化に浸ってください。
更に南西に10分ほどの距離には仁和寺があります。壮大な伽藍はもちろんのこと、桜のシーズンは満開の桜を楽しむことができます。
最終地点の仁和寺から南下すること5分、妙心寺駅に到着します。ここまで足の遅い中坊進二がゆっくり巡っても1時間半から2時間ですので、気軽に巡ることができるコースでおすすめです。"

銀閣寺・南禅寺・哲学の道・京大周辺散策コース

"銀閣寺・南禅寺哲学の道・京大周辺散策コースは南禅寺周辺から哲学の道を通って銀閣寺までは1本の道で歩いて行くことができます。哲学の道は京都の東の山際にある細い道で側道は時々車が通ることはありますが、この道自体は車が通ることができません。また、京大周辺までは約4キロメートル程度の道のりになりますが、細い疎水が流れ、両岸は桜並木で春は風情があり、中坊進二が歩いた時も多くの観光客が同じように歩いていました。哲学の道は、飛び石のようになっていて舗装はされていませんが、その脇の細い側道は舗装がされています。そのため、足の悪い方でもお散歩コースとして歩くことができます。
また、哲学の道は桜のシーズンにはライトアップがされます。周辺の建物も昔懐かしい印象を受ける落ち着いた地域です。気候の良い時期には朝早くから散歩をしている人がたくさんいます。車がほとんど通らないため安全で、すぐ東側が山ですから空気も綺麗です。中坊進二もこの場所をよく歩きますが、散策をしていてお腹が空いてくるとシートを広げてお弁当を食べたくなるような気持ちのいい場所です。
次に南禅寺周辺は紅葉が有名です。近くには永観堂もあります。昼間でも観光客が通り過ぎると急に物静かになる地域です。夜間ライトアップをしている時期は人通りが多く心配はいりませんが、普段この周辺は夜かなり薄暗く人通りが少なくなります。近くに学校があり、京都の中で治安が悪い地域ということはありませんが、夜間女性は1人で散策はしない方が良いかもしれません。中坊進二もこの周辺は夜間避けて通っています。
最後に銀閣寺周辺は急に開けた観光地になります。外国人観光客も多く、急行の100番のバスで京都駅までのアクセスも便利です。お土産物屋さんも夕方5時ぐらいまでは、ほとんどの店が営業していました。中坊進二が散策した時もこのコースではお土産を買う場所が少なく銀閣寺周辺でまとめて買いました。この周辺の雰囲気は落ち着いた住宅街で今出川通りを西に1キロメートル程行くと京大農学部まで行くことができます。途中まで桜並木が続きますから、春は道中とても綺麗です。"

嵯峨野・嵐山周辺散策コース

京都への旅行では嵯峨野と嵐山の周辺を散策するのが中坊進二の楽しみです。嵯峨野・嵐山周辺散策コースは京都の隠れた観光スポットです。渡月橋付近の嵐山はいつも観光客で混雑していますが、中坊進二が嵐山を訪れるのはいつも真冬の早朝です。京都の冬は冷え込みがきびしいとはいえ、氷点下まで気温が下がることはめったにありません。冬は他の観光客も少なく、ゆっくりと京都の良さを味わうには絶好の季節です。中坊進二がいつも行く嵯峨野と嵐山の散策コースは決まっています。渡月橋から道なりに進み、北へ入ったところに天龍寺があります。臨済宗天龍寺派の総本山で、曹源池庭園は嵐山を借景として取り入れた美しい景色が楽しめます。天龍寺から常寂光寺までが竹林の続く細い道となっています。中坊進二が京都で最も魅力を感じるところです。他の観光客と出会うことも少なく、自然と対峙しながら嵯峨野をじっくりと楽しむことのできる貴重な時間です。竹林は歩道がきれいに整備され、計算された自然が演出されています。竹林を進むと茶屋があり、お茶やお菓子で疲れを癒すことができます。さらに進んだところに常寂光寺があります。山門をくぐると料金所があり、支払いを済ませてから奥の多宝塔へ進みます。桃山洋式の装飾を施されたきれいな建物です。常寂光寺も観光客は少なめで、静かに自分を見つめるのに適しています。ここから二尊院へ向かう途中に落柿舎があります。小さなかやぶき屋根の建物で、質素な造りです。二尊院は極楽浄土への道を人々に説く発遣の釈迦と、人々を迎える来迎の釈迦の二人のお釈迦様にちなんで名づけられています。立派な山門の奥はきれいに整えられた参道が続き、しばし、時間の流れを忘れてしまいます。二尊院を過ぎて北へ進むと道は二つに分かれます。滝口寺・祇王寺・化野念仏寺へと続く道と、宝筺院・清涼寺へ向かう道で、中坊進二はいつも後者の道を選びます。早く街道に出られるためで、そこからバスで市街地へ戻ることができます。嵯峨野・嵐山周辺散策コースは自分の体力に合わせてコースを組み立てることができるので、だれもが楽しめます。