読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都を巡る、中坊進二が日向大神宮でお勧めしたいポイント

毎年11月になると、中坊進二は京都東山にある南禅寺の紅葉を見に行きます。南禅寺の山門から本堂に至るまでの紅葉は無料で入場する事ができ、手軽に楽しむことができるからです。南禅寺の紅葉を見た後に、少し足を伸ばして日向大神宮も訪問してみました。日向大神宮は「京都のお伊勢さん」と呼ばれていて、京都に居ながら三重県伊勢神宮が参拝できるのです。
中坊進二南禅寺から徒歩でアクセスしましたが、地下鉄蹴上駅の1番出口を通り過ぎて三条通を少し登ると日向大神宮の入口の階段と鳥居が見えてきました。この階段から参道となります。参道を進んで山の中に入って行くと2つ目の鳥居があり、さらに進むと左に社務所がありました。社務所の横に階段と鳥居があり、さらに進むと外宮と内宮が見えてきました。神社の拝殿は赤く染まった木々に取り囲まれていて、美しい晩秋の風景を楽しむことができました。ここを訪れる観光客は少ないのでゆっくり紅葉を楽しむことができます。神社の境内は紅葉の隠れスポットです。厳島神社の右奥を進むと「伊勢神宮遥拝所」があり、東向きの鳥居だけが立っています。これは伊勢神宮に向いた鳥居の方向に向かって拝むことで、京都に居ながら伊勢神宮の参拝ができるのです。
内宮の横を道なりに進むと大きな岩をくり抜いた“トンネル”があります。これは「天の岩戸」と呼ばれるもので、内部はL字型に折れ曲がっています。直角に折れ曲がっている部分に「戸隠神社」があります。近年、この「天の岩戸」がパワースポットとして若い女性の間で密かに人気を集めています。中坊進二は女優の羽田美智子さんが「天の岩戸」をパワースポットとして紹介された記事を読んでいました。
日向大神宮は南禅寺永観堂のすぐ近くにあり、徒歩でも行ける距離です。南禅寺周辺を訪問した際には、大きな岩にくり抜かれた「天の岩戸」も、一度見ておくことをお勧めします。